インディゴチルドレンの結婚適齢期とはいつか

インディゴチルドレンの結婚適齢期とはいつか

手

インディゴチルドレンの結婚適齢期とは?

インディゴチルドレンにとって、「結婚」は非常にハードルが高いもの。「この人となら」と思える相手と出会える可能性は、そう高くはありません。とはいえ、インディゴチルドレンの使命は30代後半を迎えるころには、一段落つきます。この時期には、これまでとは違った視点で相手を見られる可能性も高いです。このため、30代後半から50代前半にかけての時期が結婚適齢期といえ、実際にこの時期に結婚を経験するインディゴチルドレンも多いです。

女性

最も望ましい結婚のタイミング

インディゴチルドレンの結婚適齢期の中でも、特にオススメなのは40代後半から50歳前後にかけてです。使命と共に生まれ、この世界の中で戦ってきたインディゴチルドレンたち。この世代には、その精神も徐々に円熟のときを迎えていきます。これまでよりも他人を受容し、誰かに寄り添う気持ちも強まりがちなことから、結婚には適していると考えられます。

インディゴチルドレンが結婚相手に求めること

宇宙

他人を受け入れる能力が高いこと

周囲と円滑な人間関係を築くことが難しいインディゴチルドレンたちにとって、「結婚は試練」と言われています。「普通とは違う」と言われることも多いインディゴチルドレンだからこそ、「こんな自分でも受け入れてくれる相手」を求め、結婚相手の条件としています。

波長が合うと感じられること

他人に共感する能力が高いインディゴチルドレンにとって、「波長の合わない相手」と一緒にいることほど、辛いことはありません。言葉がなくても通じ合えるようなソウルメイトを探していますが、言葉にしづらい分、周囲からは理解されにくいポイントでもあります。

自分を理解してくれること

特別な使命を持って生れて来たインディゴチルドレン。生きづらさを感じる機会も多いですが、自分ではなんともできないことも多くあります。だからこそ結婚相手に対しては、自分を理解してくれることが重要条件となるのです。

嫌なことを求めないこと

インディゴチルドレンには、世間で「普通」とされることの中にも、「受け入れるのが難しいこと」が多くあります。「ワガママだ」と一刀両断にするのではなく、「嫌なことは嫌なままでいい」と言ってくれる相手を求めています。

広告募集中